2016年9月20日火曜日

USB Apple Keyboard 分解

USBタイプのApple Keyboard A1243手元でUSB装置を接続できるので Bluetooth よりも便利でしたが三年経って 右 shift, control, up arrow の三つのキーが機能しなくなりました最近のキーボード スイッチは少々液をこぼしたぐらいでは壊れないはずなので配線不良が一番ありそうな不具合だろうと推測し分解を試みました

裏面のプラスチック成型は前面が接着剤で固定されています。最近は両面テープ風に接着剤を薄く散布できる技術が開発されたのか、それとも大量のゴミを覚悟で両面テープを使っているのか、いずれにせよ接着剤を剥がしていきます。
USBコネクタ側にはフレキシブル ケーブルがあるので要注意です。大型のカッターナイフの刃先を隙間に差し込み、少しずつ剥がしていきました。写真からははみ出していますが、左のカッターナイフは「ツメ付」で、このツメを差し込んで少しずつ剥がし、かがれたところにアイスキャンディーの木片スティックを入れていきます。なぜ、アイスキャンディーのスティックかというと、木製なので比較的柔らかく、絶縁性もあると言う思惑です(笑)
20分から30分ほどで引きはがせました。USBコネクタ側のフレキシブル ケーブルはこの様な状態で二カ所にあります。
後は、金属プレートを剥がすだけと思ったのですが、ここで挫折しました。

本体側のプラスチック成型を熱で溶着しています。溶した部分を割って引きはがしても、金属プレートはゆがむだろうし、ホットボンドは手元にないし、ホットボンドで接着できる自信もありません。他に良さそうな接着剤も手元にないためあきらめました。残念(笑)

iOS 10.0.1 アップデートに問題、でも・・・

iOS 10.0.1にアップデートしたところ以下のような問題が発生しましたがAppleのサポートは把握してしていたらしくテキパキと解決方法の返事が返ってきました
  • 頻繁にWi-Fiが切れる
  • appの削除ができない
  • スリープに入らない
  • Apple IDの承認も表示されない
  • Find My iPhoneも動かない

Apple IDは二重承認にして二度目の承認番号の受信装置をiOSに設定しているとその承認番号が表示されませんFind My iPhone今回の場合はiPadもiCouldから音を鳴らすように命令しても鳴りません

教えてもらった対応方法は以下の二つです。
  •  [設定>一般>リセット>ネットワーク設定をリセット]でApple IDとFind My iPhoneの問題が解決
  •  appの削除はバックグランドのappを全て終了させると削除可能


そのしばらく使って、Wi-Fiが切れる問題もなく、スリープにも入ることを確認できました。

2016年7月13日水曜日

iOS上のプログラミング環境

iOSは教育用としてプログラムが書けるようになりました。codeSparkのThe Foosのようにゲーム的なアイコン プログラミングもあり、それはそれで子どもは喜びます。一方で、Hopscotch TechnologiesのHopscotchはもう少しできることの多いアイコン プログラミングです。


Hopscotchにはいろいろと制限があり、いまのところHopscotchでは出来上がったプログラムはキーボードからの入力できません。しかし、プログラム内からボタンを並べることは可能で、テンキー程度であれば簡単です。下図のようなかけ算学習用appを作ってみました。ちなみに、Hopscotchは子ども向けに数字や絵にアニメーションをつけることは得意なようです(笑)


The FoosとHopscotchは無料ですが、有料であれば…通常のプログラム環境でも悩んでしまうようなことをアイコン プログラミングで実現しているTinybopのeverything…があります。


アイコン(関数)もいろいろあってiOSの日本語環境では日本名が付きます。アイコンだけを切り抜いて編集すると以下のようになります。



たとえば、下から二列目の[トランスミッター]と[レシーバー]は興味深いです。二台のiOS装置を用意して、一台のカメラのシャッターを、もう一台から無線リモートで押して写真を撮影できます。この種のappは商品としてありますが、子供用プログラミング環境で実現できるので笑えます。

より実用的な「文字プログラミング」は…Pythonista3 の配布が始まりました。資料はMarkdownで書かれているのですが、リーダーを見つけることができません。PythonにはMarkdownを見るためのライブラリがありますし、導入の解説にはできそうなことが書かれています。解説図にもPreview Markdownと書かれたアイコンがあります。詳しく読んでみると「自分でMarkdownを見るためのプログラムを書くことでPythonistaの使い方を学習しろ」と言うことを「匂わせて」いるように思えます(苦笑)

Pythonは全くの初心者で構文もわかりませんが、ネットに転がっているcode snippetsをかき集めて数日で動くものができました。有り余るプロセッサ パワーでゴリ押しするPythonやJavaScriptなどのインタープリターには驚かされます。

・・・とは言うものの本命はiOS用のSwift Playgroundです。さっそく旬の「冷やし中華 始めました」といきたいところですが、いまはMac OS X…いやmacOSのXcode Swift Playgroundです。解説の最初のページを見て、1985年から始まったMPWのshellを思い出しました。プロセッサ パワーが数桁異なりますが、基本は30年ほど前と同じ感覚でしょうか?(笑)これがiOSでどのように化けるのか楽しみです。

2015年12月1日火曜日

難問iPad Pro

どうも最近のApple製品が気に入らない。

iPad Proは重くて扱いにくい

Wi-Fi + Cellularモデル本題だけで723g、オプションのケースとフタをあわせるとおよそ1kgもある。本で言えば、菊判700ページほどで少し大きめの辞書サイズである。こんな重い本が使いやすいとは思えない。

Appleのディスプレイである、後から順に27"17"12.9"9.7"で、前の二つは4"、右に見えているのは23"

レイアウトの方向性が見えない

大きな画面にあわせたボタンの配列など使い勝手を考慮したアプリケーションが必要だが、まだその方向性が見えない。たとえば、Apple標準のNoteは横向き表示で文字エリアの左右が異常な幅広さで余白が取られる。

Safari不具合

Safariで写真が多い画面を表示させた時のスクロールが遅い。予めキャッシュに読まず、スクロールされるごとにネットから読み込んでいるような挙動である。この問題はスクロールバックしても同じ挙動である。大きな画面への最適化ができていないように思える。さらに言えば、コピーや辞書参照ができないサイトが多くある。

電源

電池駆動時間がiPad Airよりも短く、Note PCのように電源をつなぎっぱなしで使いたくなる。にもかかわらず、AC AdapterもiPad Airとおなじで、さらにコネクタはMagSafeでない。

ソフトウェア キーボード

ソフトウェア キーボードのAlphanumeric 外の配列が入れ替わる。今までと同様の入力も可能であるが、私はソフトウェア キーボードでのブラインド タッチがiPad Proの大きさでもできないので違和感がある。

日本語英語切り替え

Bluetoothキーボードを接続した場合にはfnキーで複数の言語を切り替えられる。気になalphanumeric 以外の:;などであるが、幸いにもキーボードの刻印と一致しているので、安心してブラインド タッチできる。ただ、操作の途中で画面をタッチする場面が多く、オプションのケースで立てると倒れる心配がある。

AirDropの誤動作

これはiPad Proだけでなく手元にある全てのiOS装置の問題であるが、AirDropを経由してMac OS Xとのファイル送受信ができない。相手が表示されないのである。対応方法は今のところiOS装置を再起動するしかなく、再起動までダラダラと待たされる。

Magic Trackpad 2も使いにくい

クリックしてから強く押すと言うが、今までのTrackpadと同様に押すと「強めのクリック」と同じになる。Finderのファイル移動で、クリック&ドラッグができず、空振りすることが多い。また、複数ファイルの移動などにはファイル近くを「そぉっ」と押して、カーソルを動かし、選択されたファイルを「そぉぉっ」と恐る恐るクリックして、「そぉぉっ」通したまま指を移動させる。ここで少しでも気を抜くと、良くてコピーできず、悪くするととんでもないところにコピーすることになる。

Mac OS X版のSafariも使いにくい

Mac Safari Version 9.0.1での[アドレスと検索]テキスト フィールドで、少しでも入力ミスするとカラー ボールが回り始める。

Appleはいったい何をやっているのだ?

2015年6月18日木曜日

Time Capsuleのエラー

Time Capsuleが以下のようなエラーを出しました。

古いTime Machineにバグがあったらしいのですが、今回はMac OS X 10.10.3です。
https://support.apple.com/ja-jp/HT4076

いずれにしても今までのバックアップを全て消す羽目になりました。

調べてみると以下の場所に対策方法を紹介しています。
http://www.garth.org/archives/2011,08,27,169,fix-time-machine-sparsebundle-nas-based-backup-errors.html

しかし、内容を詳しく見てみるとAppleが公開している内容をコマンドライン ツールのhdiutilでやって、多少の追加情報を加えているだけのようです。

経験的に、このような問題が出たときには小手先の技に捕らわれずに、トットとあきらめて全てを再バックアップして確実に修正するのが肝心要・・・とは言うものの数時間を掛けて再バックアップは面倒です(苦笑)

じつは、この問題に少し心配な心当たりがあって、このエラーが出る前にTime CapsuleのHDDを交換しています。

Time Capsuleに搭載されていたHDDは、Apple印付きのWESTERN DIGITAL WD40EARSです。モデル名としてはさらに42S0XB0と言う番号が続きます。シリーズ名はCaviar Greenで、回転数が非公開でIntelliPowerとなっています。Appleの当時の宣伝文句によると、Appleにとってこれがサーバー仕様と言うことらしいのですが、具体的になにをどのように試験した結果のサーバ仕様なのかわかりません。いずれにしても、元のWestern Digitalの方が交換したSeagateの5900rpmのST4000DM000よりも静かである事は確かで、さらに今回の問題で動作に不安が出てきました。

2015年4月21日火曜日

最近のAppleのケーブル

最近のAppleのケーブルは柔らかくするためか、数年で被膜が割れたり剥がれたりします。危険なので糸や紐を巻いてみました。

2015年4月19日日曜日

段ボール細工

amazonなどの通販を利用すると段ボール箱が邪魔になります。その邪魔な段ボール箱を使って作ったものが以下の写真です。何に使うと思います?(笑)
一組は以下のように置きます。何に使うと思います?
PowerBookの昔からApple製ノートPCを使い慣れると、マウスなどのためにホームポジションから手を動かすのが億劫になります。この問題はトラックパッドも同じ…と言う訳で以下の写真のようになります。
ありがちな、iPadなどのスタンドもできます。